2005~2009年までセルティックでプレーした中村俊輔。145試合で31ゴールを決めるなどクラブの英雄になった。

そうしたなか、現在セルティックでキャプテンを務めるカラム・マクグレガーはポッドキャスト配信でこんな話をしていた。

カラム・マクグレガー(セルティック現キャプテン)

「若い頃、欧州カップ戦決勝に進出するという威厳のあるクラブを見て、どれほど特別なクラブなのかを実感したよ。

当時の自分は若かったけれど、(2003年にポルトのUEFAカップ決勝が行われた)セビリアに遠征するファンたちを覚えている。

10万人もの人が街を埋め尽くし、クラブとサポーターとの特別な傷案を実感したね。

2006年のマンチェスター・ユナイテッド戦、2007年のシャフタール戦にも特別な思い出がある。

自分はどちらの試合でもボールボーイだったんだ。

中村のフリーキックを鮮明を覚えている、スタジアム全体が爆発したんだ。

隣のボールボーイと一緒に飛び跳ねたことを覚えているよ。

ファンとして、選手として、それを目撃して、自分もみんなを熱狂させるゴールを決めたいと思ったんだ。

そういう思い出が自分のなかに火をつけて、このクラブで選手になりたいと思わせてくれた」

28歳のマクグレガーはセルティックで367試合に出場してきた生え抜きだ(ローン経験はある)。

2006年11月にセルティックがユナイテッドを1-0で撃破した際に俊輔が決めた伝説のフリーキックをボールボーイとして目撃していたそう。

【動画】何度見ても神!中村俊輔、ユナイテッド粉砕の「伝説フリーキック」シーン

スタジアム全体で熱狂するゴールを見て、自分もこうなりたいと思ったとか。

なお、2-1でセルティックが勝利したシャフタール戦の得点者は、イジー・ヤロシークとマッシモ・ドナーティ。