今回のアフリカ予選を勝ち抜き、ワールドカップ本大会への出場を決めているモロッコ代表。

【動画】コンゴ民主共和国との試合に勝利し、ワールドカップ出場を決めたモロッコ。

しかしチームを率いているヴァイッド・ハリルホジッチ氏に対する風当たりは強くなっていると伝えられており、モロッコサッカー協会は解任を検討しているという。

そして『getfootballnewsfrance』によれば、モロッコ代表は現在ローラン・ブラン監督の招聘を検討しているとのことだ。

これはジャーナリストのイニャーツィオ・ジェニュアルディが報告したものであるそうだ。

ハリルホジッチ氏はモロッコ代表を成功に導いているものの、ハキム・ジヤシュらスター選手との確執を抱えるなどいくつかの問題があり、協会からはあまり好かれていないと考えられている。

かつてボルドーやパリ・サンジェルマン、フランス代表で監督を務めていたローラン・ブラン氏は、現在フリーエージェントの状態にある。

先日はワールドカップ出場を逃したナイジェリア代表の次の監督として検討されているという報道も流れていた。

なお、ナイジェリア代表の次期監督は他にもエルネスト・バルベルデ氏、フィリップ・コクー氏らが候補となっているとのこと。