ミランと熾烈な優勝争いを続けてきたインテル。

チームを支えてきたひとりがクロアチア代表MFイヴァン・ペリシッチだ。今季は全コンペティションで48試合に出場し、9ゴール9アシストをマーク。

チームメイトも33歳という年齢で活躍を続ける秘訣を知りたがっていたようだ。DFアレッサンドロ・バストーニがこんな話をしていたそう。

アレッサンドロ・バストーニ(インテルDF)

「(ペリシッチは練習でどんなことをしているのか)

彼はいつも強い。

自分も強くなりたいから、昨日夕食の時に何を食べているのか聞いたんだ。だぶんそれだと思うからね。

でも、彼は七面鳥にアボカドとパンと言っていた。クレイジーだから、僕は回避したよ。

彼は偉大なプロフェッショナルさ。ユヴェントス戦では117分という時間帯でもスプリントしていたし、今日は3日前よりもさらによくなっていた」

アボカドとパンと鶏肉なら悪くないようにも思えるが…。

【動画】プロもビビる超スタミナ!ペリシッチ、ユーヴェ戦での鬼ゴール

なお、ミランを勝点差2で追うインテルは最終節でサンプドリアと対戦する。