18日、2021-22シーズンを締めくくるUEFAヨーロッパリーグの決勝戦が行われた。

会場はスペインのエスタディオ・サンチェス・ピスフアン。アイントラハト・フランクフルトとグラスゴー・レンジャースという顔合わせとなった。

序盤からボールを握ってプレーしようとするレンジャーズと、カウンターからペースを握ろうとするフランクフルトという立場で試合は進む。

スコアが動いたのは後半に入って12分。レンジャーズのアヨデレ=アリボが裏に抜け出してシュートを放ち、フランクフルトのGKケヴィン・トラップの右手がわずかに届かない場所へと流し込んだ。

これによってビハインドを抱えたフランクフルトであったが、69分に同点ゴールを奪取する。

左サイドのタッチライン際からコスティッチがクロスを入れると、ニアポストに抜け目なく飛び込んだラファエル・ボレがシュート。これがゴールに決まり、試合は振り出しに戻った。

そして迎えた延長戦では両者ともにゴールを奪うことは出来ず、勝負はPK戦へと持ち込まれることになった。

PK戦ではレンジャーズの4人目ラムジーが失敗する一方、その直後に蹴ったフランクフルトの鎌田大地、コスティッチが成功。

リードを奪ったフランクフルトはさらに最後のラファエル・ボレもシュートを沈め、全員成功でPK戦を制した。

【写真】小野伸二が戦った「UEFAカップ決勝」フェイエノールトのスタメン11名覚えてる?

これによってアイントラハト・フランクフルトが2021-22シーズンのヨーロッパリーグを制覇。日本人選手の同大会優勝は2002年の小野伸二以来20年ぶりとなった。