冨安健洋と入れ替わる形でアーセナルからベティスにローンされたエクトル・ベジェリン。

アーセナルとの契約は1年残っているため、来シーズンの去就が注目されている。

ファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、本人はこう明言したとのこと。

エクトル・ベジェリン

「ベティスとアーセナルに対して、自分の立場を明確にした。僕はベティスに残りたい。

僕らには最善の解決策を見つ出すための時間が2か月ある。

僕はここに来るために努力をしたし、もう一度ベティスに残るためにどんな努力もする準備ができている」

ベジェリンの父ペペさんは熱狂的なベティコであり、ベティスでプレーするのは家族の夢だったそう。そのため、ベジェリンは金銭的に上回るオファーを蹴ってまで、ベティス行きを選んだ。

【関連】アーセナルを退団してからブレイクした9名のスター

彼はいまやベティコからも愛される存在になっており、チームメイトはチームに残留させるためにクラウドファンディングを呼びかけることもしている。