マンチェスター・シティFWガブリエウ・ジェズスの獲得を狙っているとされているアーセナル。

『Daily Mail』によれば、ウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコの引き抜きも検討しているという。

2017年からシティでプレーしてきた25歳ジンチェンコは2024年までの契約がある。

同紙では、アーセナルが獲得オファーを送るのか、ジンチェンコ本人がシティ退団を望むのかは、興味深いとしている。

【動画】ジンチェンコ、未来の美人嫁への公開キスシーン

また、ミケル・アルテタ監督は彼をミッドフィルダーとして起用する可能性もあるとか。ジンチェンコはもともとは攻撃的MFとして台頭した選手であり、代表では現在も中盤で起用されている。