リヴァプールが8500万ポンド(140億円)もの移籍金で獲得したウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェス。

ただ、マンチェスター・ユナイテッドとのプレシーズンマッチでは決定機を外してしまい、一部から批判を浴びている。

【動画】140億円ダルウィン・ヌニェス、ユナイテッド戦での痛恨ミスシーン

『ESPN』によれば、ユルゲン・クロップ監督はこう彼を擁護していたそう。

ユルゲン・クロップ

「私は全く心配していない。(彼への)一般的な意見に(我々は)全く興味がない。

そんなものであることは全員が分かっている。

うまくいっていない選手を見つけるのは、ある人間たちにはゲームやジョークのようなものだ。

それをやるのは他のチームのファンだけであり、普通のことさ。

我々のファンもマンチェスター・ユナイテッドの新戦力に同じことをするだろう。本気になることはない。

本当に大事なのは、選手の状況をどう判断するかだ。私は彼のポテンシャルを確信している。

世界中にいるリヴァプールの全サポーターが知るべきなのは、新加入選手には時間が必要だということ。

我々は真っ先に移籍金額についての考えをデリートすべきだ。それは重要ではない。

ストライカーのようなものさ。彼はチャンスを逃し、神経質な人間が『オーマイゴッド、彼はチャンスをミスった』と反応する。そうなるのはこれが最後ではないと約束できる。

ダルウィンがポテンシャルをフルに発揮できるようにすることが私の責任であり、私は全くもって冷静だ。

サッカー脳が半分でもあれば、ダルウィン・ヌニェスのポテンシャルを疑うはずはない」