イングランド・プレミアリーグのウォルヴァーハンプトンが、韓国代表FWファン・ウィジョの獲得に向けてオファーを送ったとのこと。

『L'Equipe』によれば、オファーが送られたのは水曜日。ウォルヴァーハンプトンは300万ユーロ(およそ4.1億円)の移籍金でファン・ウィジョ獲得を狙ったとのこと。

【動画】フランスでも活躍するファン・ウィジョ

ボルドーはそれを不十分な額であるとして拒否したものの、さらなる交渉を続けることを決めたという。

ファン・ウィジョ自身はプレミアリーグでプレーすることを夢見ており、同じ韓国代表のファン・ヒチャンと同僚になることにも前向きだそう。

ボルドーは昨季から深刻な経営難に悩まされており、今季を戦うために必要なサラリーキャップの制限を満たせていない。

まだ認められている予算の額を500万ユーロ(およそ6.8億円)ほど超過しており、選手の売却を進めなければならない状況にある。