昨季、セルティックでゴールを量産した古橋亨梧。

彼が負傷離脱した後にチームを支えたのが、ギリシャ人FWヨルゴス・ヤコマキスだ。

古橋と彼は共演する機会は少なかったため、共存できないのではという声もある。

ただ、かつてセルティックでプレーした元オランダ代表FWピエール・ファンホーイドンクは『SunSport』でこう述べた。

ピエール・ファンホーイドンク

「いい攻撃的選手たちがいたら、できるだけピッチで同時起用したいと思うものだ。

いい選手は常に共存できる。彼らは一緒にプレーすることを楽しんでいる。

私もストライカーとして、周りに他のトップアタッカーたちがいてくれるのが好きだった。

セルティックはかなりのチャンスを作り出すので、最高のフィニッシャーたちにピッチ上にいて欲しい。

他の選手たちが定期的にゴールするのを願うこともできる。

だが、いいストライカーは運に左右されることなくゴールを決める。

彼らにチャンスを与えれば、大抵の場合はそれをものにする。

この1年のヤコマキスや亨梧でそれを見てきただろう。彼らが同じチームでうまくやれることに何の疑いもない」

古橋とヤコマキスは同時起用が可能だとのこと。

【関連】「不仲説」をモノともしなかった最強2トップ

また、ファンホーイドンクは、フィジカルに優れるヤコマキスは、格上との対戦も予想されるチャンピオンズリーグでも有用になりえると指摘していた。