スポルティングでプレーする日本代表MF守田英正が移籍後初ゴールを決めた。

日本人対決となったジウ・ヴィセンテ戦に先発すると前半18分に先制点をゲット。ヌーノ・サントスの速いクロスにスライディングで飛び込みネットを揺らしてみせた。

【動画】スポルティング守田英正、日本人対決での移籍後初ゴールシーン!

3-1の勝利に貢献する活躍を見せた守田はマンオブザマッチに選ばれている。

現地メディアによれば、ルベン・アモリン監督は守田についてこう述べていたそう。

「彼は質の高さがあり、タイミングを心得ている。パスもシュートもできるとてもいい選手だ。

彼は試合ごとに成長している。非常に謙虚だし、それが成長し続けるための半歩になっている。

彼は代表選手だし、ビッグチームでプレーする準備ができている」

『WhoScored』のレーティングでも守田には8.08の高評価が与えられていた。

なお、ジウヴィセンテの藤本寛也もフル出場、新井瑞希はベンチ入りしたものの出番はなかった。