毎週木曜日に『DAZN』で放送されている「内田篤人のFOOTBALL TIME」。

今回も内田篤人がU-20日本代表のコーチングスタッフとしてウズベキスタンを訪れているために不在。代わりにMCは槙野智章が務め、ゲストとしてペナルティのワッキーさんが出演した。

そして、現在シント=トロイデンでプレーしている岡崎慎司選手については…。

槙野「貪欲ですよ。橋岡選手に聞いても、『いつまで経っても代表の夢を諦めていない』と。ワールドカップに出たいという思いを常に持っている、まさにサムライですよね。

こういう選手が海外で活躍するんだと。ゴールを決めるとJリーグでプレーしている選手たちが勇気をもらえますから。素晴らしいですよね。

岡崎慎司のすごいところは、『みんながなかなか言わない、言えないことをミーティングでちゃんと発言できる』選手なんですよ。『俺はこう思う』と。

例えば本田圭佑が監督に『もっとこうしたら良いんじゃないか』と言うとすると、岡崎慎司は反対意見を言える。『俺はこう思っている』と。

ミーティングを見ていると『岡ちゃんって面白い角度からサッカーを見ているな、サッカーのことを考えているな』と。『そういう感覚もあるんだ』と見とれてしまうというか」

ワッキー「あの当時の本田圭佑が『こう思う』と言ったら、それに対して反対の意見は言いづらそうだよね」

槙野「それを言えちゃう人。そしてその二人の関係値があるから。『圭佑、それは違うよ』とかね。すごく尊敬している」

それを聞いて、ワッキーさんは「やっぱり人としても素晴らしいんですよ。人間力がある」と感嘆しつつ、こんなエピソードも明かしていた。

【関連記事】ワクワクした!「日本人選手、最高の大出世移籍」10名

ワッキー「アメトークという番組で、『ゴールを決めたらびよよ~ん』というギャグをやってほしいとダメ元でお願いしたことがあるんですよ。

岡崎選手がそのオンエアを見てくれたらしくて、オマーン戦でゴールを決めたあとにやってくれたんですよ!顔まで。

そうしたら、その後に本田圭佑に呼ばれて、『そんなことはするな』と言われたらしい」

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら