ドイツ2部のマクデブルクでプレーする伊藤達哉。

29日に行われた第30節ハンブルガーSV戦で2試合連続ゴールを決めた。左からファーに巻いた一撃がこちら!(動画45秒から)

ボールを奪おうと飛び込んできた相手を軽やかにかわすと難しい角度からのシュートを突き刺す!

完璧なゴールだったはずだが、伊藤にとってハンブルクはプロデビューした古巣であり、セレブレーションはせずに手を挙げて謝意を表していた。

シント=トロイデン時代のチームメイトである鈴木優磨も「no celebration」と炎の絵文字付きで反応していたぞ。

【関連記事】 『日本国内よりも欧州での評価が高い』海外日本人選手10名

試合は伊藤の決勝ゴールでマクデブルクが3-2で勝利。一方、3位ハンブルクは残り4試合で自動昇格となる2位との勝点差が4ポイントとなった(3位なら昇降格プレーオフ行き)。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら