ポルトガルの名門スポルティングCPで活躍する日本代表MF守田英正。

チームを率いる知将ルベン・アモリム監督からも高く評価されている。

指揮官は「全ての監督が日本人選手を指導すべきだ。常にチームを助けようとする選手、どんなポジションでもプレーする選手、1日1000回も謝る選手がどんなものかを理解するためにね。彼は常にチームやチームメイトを助ける準備ができており、1000回も謝るし、敬意を持っている。守田については良いことしか言えない」とその姿勢を絶賛しているのだ。

その守田は『PIVOT』に出演。

日本代表について語るなかでこんな話もしていた。

「これ何回も言ってると思うんですけど、日本の国民性じゃないですけど、人間性、真面目さだったり、勤勉さは世界でトップクラスだと思うので。

そういう規律とか、サッカーの原則をしっかり作りさえすれば、より高いレベルでも欧州相手にでも戦っていけるんじゃないかなと」

同じく海外でプレーする浅野拓磨は、欧州リーグでプレーする際には他者を気遣う日本人的なメンタルが活きないことがあったと話している。

【関連記事】海外日本人、欧州から見た市場価値がこの1年で最も上昇した10選手

一方、守田は日本人の真面目さは世界トップクラスにあるので、その規律面が日本代表としては武器になると考えているようだ。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★