6日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリー戦に0-6で大敗したセルティック。

前田大然が前半20分すぎに一発退場を宣告されたことで数的不利に強いられた。

相手DFに足を出した前田のプレーは当初イエローカードと判定されたが、VARで一発レッドに変更。

セルティックのブレンダン・ロジャーズ監督は、『TNT』の試合後インタビューで前田を退場させた判定についてこう述べていた。

「非常に非常に非常に失望している。11vs11でチャレンジするつもりだった。

この試合を闘う準備はできていたが、あの退場には本当に失望した。

レフェリーが見た映像は、実際のチャレンジ(タックル)を表してはいなかった。そのせいで1人を失ったし、(そうなると)常に難しくなる。

審判についてはあれこれ言いたくない。判定は受け入れなければいけない。スクリーンを見続けるのは、コンピューターゲームのように感じる。

(モニターに映し出された)彼が足を上げるシーンはすぐにレフェリーに種を植え付ける。その影響力で彼を退場させたんだ」

実際のプレーとレビュー映像は印象が異なるとして、退場という判定に異議を唱えていたようだ。

【関連記事】日本代表、絶好調なのに「試練の時」を迎えている5人

前田はこれがキャリア初の一発退場だった。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら