日本代表FW上田綺世が所属するフェイエノールトは26日にエクセルシオール戦を戦う。

『1908nl』によれば、アルネ・スロット監督は、上田についてこう述べていたそう。

「一般的に、ゴールを決める一番の目安はトレーニングだ。

(練習で)よりフィットし、より成長している選手を見れば、失敗はしないという予感を持つ。

我々にとっては腹が立つが、彼はまず最初に代表チームでそれをやった。ラツィオとのアウェイゲームでは、かなり価値があるはずだったゴールチャンスがあったのだがね。

確信がある。彼がセルクル・ブルッヘや日本代表でどれほどゴールを決めてきたかを見てみれば、学者になる必要などない。

90分起用すれば、ここでもゴールを量産するだろう。ただ、サンティアゴ・ヒメネスという素晴らしいライバルもいる。

(エクセルシオール戦で上田に先発の可能性があるのは)サンティアゴが長旅から帰ってきたことと関係している。

昨夜の彼は何時間も寝ていたので、フィジカルスタッフからは全てのトレーニングは参加させないほうがいいとアドバイスがあった」

フェイエでは1ゴールに留まっている上田だが、練習での様子から得点量産を確信しているとのこと。

ただ、CLラツィオ戦では決定機を逃す場面があった(動画50秒から)。

【関連記事】いま日本代表で「危機的状況」にある5名の選手

それだけに日本代表戦で2試合5ゴールと爆発したことに悔しさも感じているようだ。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら