ヴァンフォーレ甲府が入っているAFCチャンピオンズリーグのグループHで、稀に見るような大乱闘が発生したようだ。

事件が起こったのは29日に行われた浙江FC(中国)対ブリーラム・ユナイテッド(タイ)の試合。

前半は互いに譲らずに1-1で終えたが、この時点からすでに両チームのプレーは荒れ模様となっており、ファンも敵対的な雰囲気に。前半からアディショナルタイムが9分提示され、56分過ぎまでプレーされるほどだった。

そして後半は浙江FCが2点を追加してスコアは一時3-1に。そして87分にブリーラム・ユナイテッドが1点を返し、3-2という結果で終了した。

しかし事件が起こったのはこのあと。両チームのベンチから選手やスタッフがピッチに飛び出し、激しいもみ合いが発生したのだ。

ブリーラム・ユナイテッドのラミル・シェイダエフはそのなかで後頭部を抑えて倒れる場面もあり、何らかの暴力行為があったのではないかとも伝えられている。

【関連記事】「中国に移籍して驚きを与えた」世界のスーパースター5名

『DAZN』でも放送されていたこの事件について、『CNN』は「おそらくアジアサッカー連盟がこの騒動に関与した選手に重い制裁を課すだろう」と報じている。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★