今年2月、フランス2部のボルドーでプレーするホンジュラス代表FWアルベルト・エリスは試合中に頭部重傷を負うアクシデントに見舞われた。

ギャンガン戦で負傷した彼は送先の病院で手術を受けると人工的な昏睡状態に。4日間昏睡状態に置かれた彼は1カ月ほどの入院を経て退院。

このほどクラブの施設を訪れ、チームメイトやスタッフとの再会を果たした。

エリスは穏やかな表情を見せており、「練習時刻に遅刻かな」とのスタッフのジョークにも笑っていた。

ボルドーも!実は日本の「アシックス」と契約していた欧州の6チーム

『Le Parisien』によれば、エリスに神経学的な損傷はなく、ウォーキングやサイクリングを再開しているという。徐々に日常生活を取り戻しつつあるというが、まだプレー復帰の可能性は議論されていないとのこと。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら