ドルトムントは18日に行われた今季ホーム最終戦となるダルムシュタット戦に4-0で勝利した。

今季限りで退団するマルコ・ロイスにとってもホームラストゲーム。

試合前のウォーミングアップから大喝采が送られ、前半にゴールを決めた後の後半37分に交代するとチームメイトたちが花道を作ってレジェンドを送り出した。

そうしたなか、ドルトムントは試合後にこんな投稿をしていた。

ジグナル・イドゥナ・パルクにある売店のレジに「今までありがとう!お別れのビールは僕の奢りだ」というロイスのメモが添えられている。

『Bild』によれば、ロイスは24,545人を収容する南スタンドのサポーターたちにビールを無料で振る舞ったそう。

ジグナル・イドゥナ・パルクのビールは一杯4.9ユーロ(830円)なので、ファン全員が飲んだ場合には12万ユーロ(2040万円)ほどにもなる。

ロイスは「前から企画していたんだ。カルステン・クラマー(マーケティングマネージャー)が素晴らしい仕事をしてくれた」、「ずっと応援してくれた人達に感謝したかった。当たり前のことじゃないからね」と語っており、支えてくれたサポーターたちへの感謝としてビールを振る舞ったそう。

ドルトムントの「お買い得補強選手」ベスト10

ドルトムントは6月1日に行われるレアル・マドリーとのUEFAチャンピオンズリーグ決勝で今季の全日程を終える。

【厳選Qoly】ジュビロ磐田ユースが輩出した「世界規格」の最高傑作5名