13日、テヘランでイランとの国際親善試合を戦った日本代表。

今回のインターナショナルマッチウィークで日本は、シリアとのワールドカップ予選を戦った直後に、アウェイでテストマッチを行うことを選択した。

この決断について日本サッカー協会の霜田正浩技術委員長は記者会見で、「マスカットからテヘランまでの移動距離が短かったことも一つの要因である」と明かしている

日本サッカー協会によれば日本代表チームは8日のシリア戦終了後にテヘラン入りしたというのだが…その様子を収めた映像がYoutube上で公開になっている。

誰がどういった経緯で撮影したのかは一切不明だが、そこにはテヘランの空港と思われる場所で荷物を運んでいる選手やチームスタッフの様子が収められている。

日本サッカー協会の公式HPによれば、選手たちがテヘランに到着したのは翌9日の午前4時頃だったそう。そのせいか、選手たちもちょっとお疲れ気味…。

そして、やはりメディア関係者が撮影したものではないのだろうか、選手たちはかなり不審な目でカメラのレンズを覗いている。