ポートランド・ティンバースの初優勝で幕を閉じた、2015シーズンのMLS。

ウェスタン・カンファレンスを3位で終了したポートランド・ティンバースは、決勝プレーオフで並み居る強豪を撃破し決勝戦へ。コロンバス・クルーとのファイナルではスタート1分と7分にゴールをあげ2-1で勝利し、悲願のMLS初制覇を果たした。

MLSはJリーグと同じ春秋制を採用しており、12月にシーズンが終了している。シーズン終了後には表彰式が行われ、年間最優秀ゴール賞が発表されている。

今シーズンの最優秀ゴール賞に輝いたゴールがこれだ。

スポーティング・カンザスシティ所属のFWクリスティアーン・ネーメトによるこの独走ゴール!

ネーメトはハーフウェーライン手前から50mほどドリブルしゴールを決めており、この得点は決勝点となった。

なお、MLSでは最優秀ゴール賞だけでなく最優秀セーブ賞というアウォードも設けられており、今季のNo.1セーブに選ばれたのがこれだ。

強烈なミドルシュートを弾いたのは、ポートランド・ティンバースのガーナ人GKアダム・クワラセイ。