『Kingfoot』は「ベルギー1部のアンデルレヒトで監督を務めているベスニク・ハシ氏は、ウェステルロー戦でデビューを果たしたマフムード・ハッサン“トレゼゲ”の才能を賞賛した」と報じた。

今夏、エジプトの名門アル・アハリからアンデルレヒトに加入したトレゼゲ。国内最高のタレントと呼ばれた攻撃的MFは、先週末に行われたウェステルロー戦の終盤に初出場を果たした。

監督を務めているベスニク・ハシ氏は以下のように話し、3ヶ月肩の負傷で戦列を離れなければならなかった彼の才能を賞賛するとともに、後半戦で才能を証明することを求めた

ベスニク・ハシ
(アンデルレヒト監督)

「トレゼゲはまだ多くのものを秘めている。このチームで発揮できる多くのものをね。

我々はすぐに彼を評価しようとは思っていない。ステップ・バイ・ステップで見ていく。彼が最大限のチャンスを掴むまでね。それから、我々は彼を判断する。

彼は非常に素晴らしい才能とスピードを持っている。そして、彼には非常に輝かしい未来を見ている。

その価値と才能を証明しなければならない。来たるときまでにね」