『FourFourTwo』は「解説者のジェイミー・キャラガー氏は、ユルゲン・クロップ監督のメンバーは充分なものになっていないと話した」と報じた。

10月にブレンダン・ロジャーズ前監督を解任し、ユルゲン・クロップを新指揮官に迎えたリヴァプール。当初は結果を出していたが、このところは不安定な流れが続いている。

今月に入ってからもウェストハムに敗戦を喫した一方で、リーグカップ準決勝ではストーク・シティに勝利し、ファイナルにまであと一歩と迫った。

クラブOBでもあるキャラガー氏は以下のように話し、現在はまだクロップのスカッドになっていないと語っている。

ジェイミー・キャラガー

「(ユルゲン・クロップについて)

彼は非常に良くやっているよ。彼はいくつかの残念な結果を得ることになったが、しかしそれはあり得るものだ。監督が変わった訳だからね。このメンバーは良い結果を残していなかったのだから。

これは彼のスカッドではないし、ベストなものではない。明らかにそれは監督が変えられた理由である。しかし、彼は傑出した結果を残している。

ストーク戦で得た結果は素晴らしいものの1つだ。なぜならそれはカップ戦の決勝という素晴らしいポジションに導くものであるからだ。

もし最初のシーズンでトロフィーを勝ち取ることが出来れば、それは素晴らしいスタートになる。それはブレンダン・ロジャーズ時代には逃したものだ。彼は3年間で何も勝ち取れなかった。

ブレンダンがプレミアリーグのタイトルに近づいたことは明らかだ。しかし、もしその悪癖を払拭することが出来れば、素晴らしいスタートになるだろう」