『ESPN』は「チェルシーの監督を務めているフース・ヒディンク氏は、ペップ・グアルディオラはどんなビッグクラブにもフィットすると話した」と報じた。

今季限りでバイエルン・ミュンヘンを離れることが決定したペップ・グアルディオラ。その後の去就はまだ未定となっているが、おそらくマンチェスター・シティの監督になるのではないかと噂されている。

現在チェルシーを率いているフース・ヒディンク氏は以下のように語り、彼はどのビッグクラブにもフィットすることが出来るだろうと話した。

フース・ヒディンク

「彼は世界のどんなビッグクラブにもフィットするだろう。彼はとても速いキャリアの歩みの中で、とても上手くチームを管理できるところを示してきた。

しかし、彼がプレミアリーグの特定のチームに行かなければならないと言うのは難しいね。そして、私はマネージャーやディレクターに圧力をかけたくもない。

彼はリーガ・エスパニョーラで働いてきた。そしてブンデスリーガで働いてきた。そして今、彼はプレミアリーグで働くことを求めている。私はその経験を持っている。

残念ながら私はドイツで働いたことはないが、ブンデスリーガは美しいリーグだ。スペインは数年働いたが、そこも美しいリーグだった。

従って、私は彼が表現している『プレミアリーグで働く』という野望を理解することが出来るよ」