2018年ワールドカップに向けたアジア2次予選を控える我らが日本代表。

すでに選手たちは合宿に合流しトレーニングをスタートさせているのだが、サウサンプトンに所属するDF吉田麻也は帰国前、こんなインタビューに応えていたようだ。

Yoshida looking forward to international action with JapanSouthampton FC's Maya Yoshida previews Japan's FIFA World Cup qualifiers against Afghanistan and Syria:
Southampton FCさんの投稿 2016年3月22日

こちらはサウサンプトンが公開した映像だ。

クラブスタッフと思われる男性が、日本代表としてワールドカップ予選を戦う吉田に代表チームでのことを尋ねている。

質問はもちろん全て英語であるのだが、吉田は通訳などを介さずしっかりとした受け答えを見せた。質問の内容ももちゃんと理解しているようであり、吉田が話す英語も文法的にしっかりしている。

インタビューの内容は以下の通り。

吉田 麻也(サウサンプトン)

「11月のAマッチデーから随分と時が経った。

またみんなに会うことができて、そして日本に帰って母国のためにプレーすることができるのは良いことだ。

ワールドカップに向けた出場権を手に入れるためには重要な試合だ。

対戦相手のレベルはプレミアリーグとは異なるかもしれないけれど、代表チームにいて国のためにプレーするのは名誉なことなんだ」

「(予選が2試合続くことは)それがスケジュールだし、私には変えることができない。

しっかりと6ポイントを取って、安全な状態で帰ってきたい」

「(アフガニスタンやシリアは日本と比較して)レベルは大きく違うと思う。

だけど、どんな時でもホームゲームでの試合は上手くプレーしなければならない。ワールドカップ、そしてアジアカップの後、我々は大きな失望を覚えた。だからこそそこに戻って、いい結果を残さねばならない。

すべての試合で徐々に良いゲームをしていかなければならないんだ」

イングランドでの生活は3年半を迎える吉田。

オランダ時代から英語は使っていたはずだが、すでに相当なレベルにあると言っても良さそうだ。