2015年からリヴァプールを率いているユルゲン・クロップ監督。

ここでは、『squawka』による「クロップのもとで低下したリヴァプールの選手」を見てみよう。

DF:デヤン・ロヴレン

デヤン・ロヴレン

今夏、なぜリヴァプールはフィルヒル・ファン・ダイク獲得に必死だったのか。その理由はここにある。

先日リヴァプールはウェンブリーでのトッテナム戦で守備の脆さを露呈し、痛々しい降伏をすることになった。

不運にも1人の選手がその窮地を象徴することに…ロヴレンだ。

昨季以降、リヴァプールで最も多い守備的ミス(4回)を記録している。彼に残されたアンフィールドでの日々はわずかしかないように見える。

もしレッズがサウサンプトンDFを獲得できれば、クロップが起用できるオプションとしてアップグレードになるのは間違いない。

【次ページ】ロヴレンの相方…