PFAはイングランド国内でプレイする選手達が所属する協会であり、彼らの投票によって決まるThe Proffesional Footballers' Association Players's Player of the Year(以下PFA年間最最優秀選手賞)はプレミアリーグが定めた賞よりも栄誉あるものだとも言われており、かつてPFA年間最優秀選手に輝いたジョン・テリーは、「最高の賞賛」と語った賞だ。

「こんな賞を受賞できて最高だよ。なぜなら、選手達によって選ばれた賞だからね」

今季、結果と内容の両面でユナイテッドを牽引し、初受賞を飾ったルーニーも、名実共に「選手達が選ぶベストプレイヤー」の仲間入りを果たしたことを大いに喜んだ。

「今は誇らしい気分だ。2005年と2006年にPFA年間最優秀若手選手として授賞式に出席したことを覚えているけど、その時、選手が年間最終選手賞を獲得した光景を見て以来、これを密かに狙っていたんだ笑」

同賞を獲得した、2006年のジェラード以来のイングランド人プレイヤーとなったルーニー。自分がこのレベルまで達することが出来た要因として、サー・アレックス・ファーガソンの名を上げた。

「サー・アレックスは本当に素晴らしい監督だよ。僕がユナイテッドに来てから、真摯に向き合ってくれた。そして、彼のハングリー精神は選手達に大きな影響を与えるんだ。しかも、その情熱は70歳を超えても少しも変わらないんだ!」

決しておごることはなく、周囲への配慮を怠らないルーニー。彼がフットボールファンから愛される理由はここにもあるだろう。