7日、フィオレンティーナは昨年末にスポンサー契約を結んだ、マツダのロゴ入りユニフォームを本拠地アルテミオ・フランキで発表した。モデルを務めたのはエースのジラルディーノ。

写真は不安があるため埋め込み動画で。(ユニフォームのお披露目は3:00付近から)

2010年にトヨタとの契約が切れて以降、今月6日のボローニャ戦までNGO「セーブ・ザ・チルドレン」のロゴを入れていたフィオレンティーナ。一方のマツダは2002年から2005年まで、ローマのスポンサーを務めていたことで知られている。

フィオレンティーナとマツダの契約は、12-13シーズンの終了まで。このユニフォームは今晩のブレシア戦から使用される予定だ。


なお、イタリアではセリエBのアタランタも、日本のダイハツがメインスポンサーとなっている。(アタランタ公式

(筆:Qoly編集部 O)