トップデビューから2ヶ月、わずか1試合の出場でフットボールの世界から足を洗うことを決めた24歳のDFハビ・ポベス。

選手時代、給与を銀行振り込みにすることを拒否し、さらにスポンサーから選手に提供されていた車のキーも返却したというポベスは現在マドリッドにある実家に身を寄せている。


―私たちが生きていく上でまず最初に変えるべきことは?

「富の配分と銀行のシステム。ここが鍵だね、ここから全て資金供給されているから」


―今現在、何かプランはありますか?

「自分自身も幸せを感じられるような社会のサポートがしたい。それと、地理や歴史かなにかを自宅かどこかで学びたい」


―今回のことについてご家族はどう受け止めていますか?

「父はフットボールファンだったけど、徐々にこの世界に対する見方を変え始めたよ」


―C・ロナウドやメッシような選手はもっと社会のために事を起こすべきだと思いますか?

「あぁ、徹底的にね。世界的に知られたキャラクターであるペレやロナウジーニョ、メッシ、彼らはUNICEFの大使を務めていて、表面上はよくやってるように見えるけど、もっと多くのことができるはずなんだ。彼らはより直接的に関わるような形で動くべきだ」


また、発展途上国からやってくる選手たちが置かれている苦しい状況を変えたいとも語ったポベスは先頃レアル・マドリーが7歳の少年と契約を結んだことを危惧するようなコメントも発した。

「選手たちは来る日も来る日も金を稼ぐために戦うエゴイストのように見られている。でも、それは彼らのせいじゃないんだ。それ(=金)以外には信じるものはないとプログラムされるのさ。若い頃からこういう価値観を教え込まれることによってね」


昨シーズン、ポベスがトップチームの試合に出場したのは最終戦の後半33分からというほんのわずかな時間だけだ。本職のCBではなく左SBとしてサイドを駆け上げる彼がまさかこんな事を考えていたとは思いもしなかった。

残念ながらフットボール界に限らず社会はキレイ事だけではやってゆけない。けれど、その風貌に見合わずピュアな心を持つポベスにはフットボールの世界はあまりに居心地の悪いものだったのかもしれない・・・。