6月10日、スーパースポーツ・ドットコムは「ナイジェリア1部のウォリ・ウルヴズに所属していた右SBソロモン・オボーが交通事故で死亡した」と報じた。

ソロモン・オボーは1989年生まれの23歳。昨夏デルタ・ユナイテッドからウォリ・ウルヴズに加入し、今季は1試合に出場している。

彼は日曜日に行われたシューティング・スターズとの試合をスタンドから観戦した後セレモニーに出席し、その後帰宅する最中にアグバロの町の付近で交通事故に遭ったという。詳細は明らかにされていないが、18人乗りのバスが起こした事故に巻き込まれたとのことだ。

スーパースポーツ&Goal

モーゼス・エトゥ ウォリ・ウルヴズ広報

「それは本当だ。ソロモンは昨日の夜交通事故に巻き込まれ、亡くなった。ウォリ・ウルヴズはこの不幸な事件に大きな悲しみを抱いている」

「我々はソロモン(・オボー)の死に強い衝撃を受けている。そのニュースは我々を驚かせた。シューティング・スターズに勝利を収めたあと、このようなことが起こるとは考えもしていなかった。

彼はよい選手で、チームの進歩に最善を尽くしてくれた。週末の試合には出場しなかったが、彼はクラブの未来だったんだ。

人間はいつか死んでしまうものだということは分かっている。しかし、このような若い年齢でそれを迎えてしまうのは、とても不幸なことだ。

我々は彼を失った父親や友人とともに神に祈り、この出来事に耐えられる勇気を与えたい。ウォリ・ウルヴズは悲しみに暮れている」