かつてユヴェントスなどで活躍し、現在は監督としてのキャリアを歩んでいる元イタリア代表MF、アレッシオ・タッキナルディ氏。ミランが2-1で勝利したジェノア戦後、『Skysports』のインタビューに答え、カカの将来、さらには本田圭佑について語った。

「カカに関しては、彼自身がミランのプロジェクトの一員でいたいのか、あるいはアメリカに行きたいのか、それを確かめる必要があるね」

「本田? 先週彼がインタビューで『改善する部分を質問するためにセードルフ監督を訪ねた』と言っていたことについて、興味深く感じたよ」

「本田は忍耐強いプレーヤーのように見えるね。明確なスタメンの選手ではないし、来季偉大な存在になるとは思わないが、確かにチームの一員となれる選手である。彼はまだ大きく発展できるよ」

今季開幕から4部のペルゴレッテーゼで監督を務めていたタッキナルディ氏だが、9月に辞任。現在はフリーのようだ。