メキシコ代表のミゲル・エレーラ監督は9日、2014年ワールドカップに臨む23人のメンバーを発表した。

同国の不振により昨年11月に行われたニュージーランドとのプレーオフ直前に急遽クルブ・アメリカとの兼任で就任したエレーラ監督は、同試合に出場した先発メンバーでかつての教え子モイセス・ムニョス、フアン・カルロス・バレンスエラ(ともにクルブ・アメリカ)の2人を外し、就任以来一度も招集していなかったベテランのカルロス・サルシド(ティグレス)を選出。

また、今年1月の韓国との親善試合でハットトリックを記録し衝撃の代表デビューを飾ったアラン・プリード(ティグレス)や、海外からは香川真司の同僚ハビエル“チチャリート”エルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド/ENG)、ジョバンニ・ドス・サントス(ビジャレアル/ESP)らを招集した。

開催国ブラジルと同じA組に入ったメキシコは28日にイスラエル、31日にエクアドル、来月3日にボスニア、6日にポルトガルと強化試合を行い、13日のカメルーン戦で大会初戦を迎える。


GK:

[1]ヘスス・コロナ(クルス・アスル)

[12]アルフレド・タラベラ(トルーカ)

[13]ギジェルモ・オチョア(アジャクシオ/FRA)

DF:

[2]フランシスコ・ロドリゲス(クラブ・アメリカ)

[3]カルロス・サルシド(ティグレス)

[4]ラファエル・マルケス(レオン)

[5]ディエゴ・レイェス(ポルト/POR)

[7]ミゲル・ラユン(クラブ・アメリカ)

[15]エクトル・モレノ(エスパニョール/ESP)

※[16]ミゲル・ポンセ(トルーカ)

[18]アンドレス・グアルダード(レヴァークーゼン/GER)

[22]パウル・アギラル(クラブ・アメリカ)

MF:

[6]エクトル・エレーラ(ポルト/POR)

[8]マルコ・ファビアン(クルス・アスル)

[17]イサーク・ブリスエラ(トルーカ)

※[20]ハビエル・アキーノ(ビジャレアル/ESP)

[21]カルロス・ペーニャ(レオン)

[23]ホセ・バスケス(レオン)

フアン・カルロス・メディーナ(クラブ・アメリカ)

ルイス・モンテス(レオン)

FW:

[9]ラウール・ヒメネス(クラブ・アメリカ)

[10]ジオバニ・ドス・サントス(ビジャレアル/ESP)

[11]アラン・プリード(ティグレス)

[14]ハビエル・エルナンデス(マンチェスター・U/ENG)

[19]オリベ・ペラルタ(サントス・ラグーナ)


(※5月21日更新)

メキシコサッカー連盟は、 フアン・カルロス・メディーナが足首を負傷し本登録メンバーから外れると発表。かわりに予備登録メンバーからミゲル・ポンセが23名入りを果たした。

(※6月1日更新)

5/31に行われたエクアドル代表戦で MFルイス・モンテスが右足骨折し、W杯を欠場。ハビエル・アキーノが追加された。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】