5月25日(日)に原宿のイベントスペース VACANTで行われるトークイベント「都市とスタジアム」のシリーズ第2回についてご紹介します。


「都市とスタジアム」

オリンピックやワールドカップといった大型スポーツイベントの招致から市民のレクリエーションに至るまで、都市にとってスタジアムは必要不可欠な施設です。

©Audrey Fondecave

一方で、建設や維持にかかる膨大なコスト、景観の破壊、騒音問題など、スタジアムは社会の負担にもなり得ます。

理想的なスタジアムのあり方を考える「都市とスタジアム」シリーズ第2回目では、実際にスタジアムを使用するチーム関係者をお招きし、それぞれのスタジアム戦略をお話しいただきます。

今回のゲストは、ドイツ・ブンデスリーガ2部に所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフの日本デスクで、ドイツのスタジアム事情にも精通する瀬田元吾氏。

そして、Jリーグのベストピッチ賞の受賞経験もあるNACK5スタジアム大宮を本拠地とする大宮アルディージャで集客・プロモーション戦略を担当する小島陽介氏。

クリエイティブエージェンシーWieden+KennedyTokyoのエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターである長谷川踏太氏には、スタジアムの魅力をどのように伝えるべきか、クリエイターの視点から話していただきます。

普段は知ることのできない貴重な資料を交えながら、より活発で有意義な議論を繰り広げていきます。

みなさまからのスタジアムに関する質問、疑問もお待ちしてます。

2014.5.25 (sun)
at VACANT(東京都渋谷区神宮前3-20-13)
17:00 open / 17:30 start
料金:¥1,000

出演:
瀬田元吾(フォルトゥナ・デュッセルドルフ日本デスク)
小島陽介(大宮アルディージャ・ファンサービスグループ)
長谷川踏太(Wieden+Kennedy Tokyo ECD)

司会:
山口博之(BACH)

企画:
HUTU|TOO MUCH magazine

Facebook:
http://on.fb.me/1hpnfcq

予約:
http://www.vacant.vc/d83(VACANT)

*予約フォームは、イベントページ下部の〈RESERVE〉ボタンより立ち上がります。

スタジアムに関する質問、疑問を受け付けております。予約フォームの備考欄にご記入お願いします。

©フォルトゥナ・デュッセルドルフ

©大宮アルディージャ

*profile

瀬田元吾
1981年、東京都生まれ。学習院中等科、高等科を経て筑波大学体育専門学群に入学し、蹴球部に入部。卒業後、群馬FCホリコシなどを経て05年に渡独する。 選手としてプレー後、08年よりフォルトゥナ・デュッセルドルフのフロントとして活動を開始。日系企業とのスポンサー契約、そして大前元紀選手の獲得に奔走した。 昨季は大前選手の通訳兼フロントスタッフとして日本人向けの「フォルトゥナ通信」を出すなどする傍ら、テレビ出演、講演会などもこなしている。
http://fortuna-japan.com/
http://blog.lirionet.jp/gen5setax/

小島陽介
1978年生まれ。埼玉県大宮市(現さいたま市)出身。大学卒業後、広告制作会社にてサッカーを中心に様々なスポーツ関連の企画・制作業務を手掛ける。 2010年に大宮アルディージャへ転職。事業本部ホームタウングループでクラブの地域貢献活動を推進。 2013年より同ファンサービスグループリーダーとして集客・プロモーション戦略を担当している。
http://www.ardija.co.jp/

長谷川踏太
Executive Creative Director, Wieden+Kennedy Tokyo
1972年東京生まれ。 1997年ロイヤルカッレジオブアート(英国王立美術大学大学院)、修士課程修了。 その後、ソニー株式会社デザインセンター、ソニーcslインタラクションラボ勤務などを経て、2000年ロンドンに本拠を置くクリエイティブ集団TOMATOに所属。2011年より現職。