6月30日、『Skysports』は「スウォンジー・シティは、スペイン代表MFミチュがナポリに移籍するという報道を否定した」と報じた。

先日イタリア方面のメディアで「スペイン代表MFミチュがナポリに移籍する」と報じられ、すでに選手がメディカルチェックを受けるところにまで交渉が進んでいると伝えられた。

しかし、スウォンジー・シティのCEOを務めているヒュー・ジェンキンス氏は『Southwales Everning Post』に対して以下のように話し、ミチュに対してはまだ何の問い合わせも受けていないと明かした。


ヒュー・ジェンキンス スウォンジー・シティCEO

「レポートが正しいとするならば、ミチュに対しては多くの関心があるようだ。しかし、クラブとしての観点から言うとすれば、ミチュに関しての問い合わせは何も受けていないと伝えることが出来る。

私が言えるのは、ミチュが報告を持って帰ってきた後、ギャリー・モンク監督と会談して議論するだろうということだけだ」