プレミアリーグ第5節、レスター対マンチェスター・ユナイテッド戦は衝撃的な展開となった。

2点のリードがあったユナイテッドだが、62分からの約20分で4失点を喫し、3-5で敗れ去った。 レスターにとってプレミアで5点以上とったのは2000年3月以来初、そしてユナイテッド相手に4点以上とったのは1963年以来初であった。 一方、ユナイテッドが昇格チームに4点以上とられたのは初めてのこと、またプレミアにおいて2点差をひっくり返されたのも初めてだそうでまさにショッキングな敗戦となった。

ファン・ハール監督がボールポゼッションでミスがあったと語った痛恨の試合ではこんなシーンもあった。 レスターのエステバン・カンビアッソに同点となる3点目を決められるとウェイン・ルーニーがブチギレ。

「しっかりしろ!」と喝を入れているようにも

そのルーニーは試合後、「本当にがっかりしている。特に3-1までいった後だからね。 僕らはもっとうまくボールをキープしなければならない。そうできずにいくつかミスを犯した。そしてその代償を払った。 いいゴールも決めたけど、チームとしてあまりに多くのミスを犯した。もっとうまくやらなければならない」と述べたと『manchestereveningnews』では伝えている。

【試合ハイライト】

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)