10月2日、『Daily Star』は「パリ・サンジェルマンに所属しているウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの獲得レースは、イングランド・プレミアリーグのアーセナルがリードしている」と報じた。

昨年夏にナポリからパリ・サンジェルマンに加入したカバーニであるが、チームの絶対的エースであるズラタン・イブラヒモヴィッチをサポートしなければならない役割を与えられることが多く、主にサイドでのプレーを余儀なくされている状態にある。

9月末にはかつてパリ・サンジェルマンに所属していたGKジェローム・アロンゾ氏が『Le Parisien』に寄稿した記事で「カバーニは非常に悲しそうで、目に輝きを失っている。彼は今季4ゴールを決めているが、プレーがステレオタイプになっている」と話し、それをきっかけに移籍話が過熱し始めている。

今回の記事によれば、カバーニに対してはリヴァプールやマンチェスター・ユナイテッドも興味を示しているとのことであるが、その競争をリードしているのはアーセナルであるという。

他の報道ではカバーニのと考えられている5500万ポンド(およそ93億円)という金額を投じる用意もあるとのことだが……。