11月20日、『Tehran Times』は「イランサッカー連盟は、2016年リオデジャネイロ五輪を目指すU-23代表チームの監督にズラトコ・クラニチャール氏を招へいした」と報じた。

イラン五輪代表チームは先日行われた仁川アジア大会に出場し、ベトナムとキルギスタンを相手に1敗1分けという結果でグループリーグ敗退を喫していた。大会後にはネロ・ヴィンガダ監督を解任し、新しい指揮官を探していた。

その中でズラトコ・クラニチャール氏はかなり前から名前が挙がっていたが、今回ようやく新監督に任命されることが決まったという。

ズラトコ・クラニチャール氏は1956年生まれの58歳。クロアチア代表MFのニコ・クラニチャールの実の父親としても知られる指導者で、2009年にはペルセポリス、2011年から今年にかけてはセパハンを率いた経験を持ち、近年イランで長く活動している。