12月5日、『AP』は「UEFAはファイナンシャル・フェアプレー制度に違反している恐れがあるとして監視対象とする者を7クラブ追加した」と報じた。

UEFAは監視対象となっていたリヴァプール、モナコ、ローマ、インテル、ベシクタシュ、スポルティング・リスボン、FKクラスノダールの公聴会を行い、今後2月までに追加の報告を提出することを命じた。

また、これまでに加えて6つのクラブが監視対象に追加されることも報告された。その内容はスパルタ・プラハ(チェコ)、ハル・シティ(イングランド)、リヨン(フランス)、パナシナイコス(ギリシャ)、ルフ・ホジュフ(ポーランド)、ヴォルフスブルク(ドイツ)がその対象となる。

彼らについては今後選手の移籍金、賃金と収入のバランスが取れているのかどうか調査が進められることになっている。