12月10日、『Skysports』は「マンチェスター・シティのマヌエル・ペジェグリーニ監督は、先週末のエヴァートン戦で負傷したアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが最大8週間の離脱になることを明かした」と報じた。

セルヒオ・アグエロは今季21試合に出場し19ゴールという素晴らしい記録を残していたが、エヴァートン戦の早い時間で負傷し、交代を余儀なくされた。その際に涙を流していたことから、重傷ではないかと憶測を呼んでいた。

当初は4週間と見込まれていたものの、マヌエル・ペジェグリーニ監督は4~6週間での回復を期待していると話した。記事にはそのコメントは書かれていないが、最大では8週間という可能性もあると示唆したという。


マヌエル・ペジェグリーニ マンチェスター・シティ監督

「4、5、あるいは6週間だ。それはどのように彼が回復するかという点に多くを依存している。しかし、我々のチームは一人の選手に依存してはいないよ」