12月13日、ドイツ・ブンデスリーガのヴォルフスブルクでスポーツディレクターを務めているクラウス・アロフス氏は、クラブ公式サイトで「北京国安に所属している中国代表MFチャン・シーチェーを獲得する」と発表した。

チャン・シーチェー(张稀哲)は1991年生まれの23歳。北京国安の生え抜き選手で、ユース代表でも活躍してきた攻撃的MF。主に左サイドでのプレーを得意とし、切れ味のあるドリブルやセットプレーを得意としているスピードスターである。

中国のフル代表では主力ではない存在ではあるが、2012年には年間最優秀若手選手賞を獲得し、2013、2014年はベストイレブンに選出されており、リーグでは輝きを見せ続けているタレントだ。ACLではJのチームとも多く対戦しており、日本でも比較的知名度はある。

ヴォルフスブルクは昨年から中国独自のソーシャルメディアにもアカウントを作成しており、ファン層を拡大させている。以前からヴォルフスブルクは彼の獲得に動いていると言われており、それが現実になったという形である。


クラウス・アロフス ヴォルフスブルクSD

「今はいくつかの詳細な部分をクリアにしているところだ。チャン・シーチェーとの契約を完了すること、来週彼を新しい選手として発表できることに自信を持っている。

彼は発展できる可能性を持つ若い選手だ。中国からブンデスリーガへのステップアップは大きなものであるが、彼は成功できると思っている。我々は、もちろん彼に必要なだけの時間を与えていく」