ローマの偉大なるキャプテン、フランチェスコ・トッティ。

ローマ一筋のキャリアは今シーズンで22年目を迎えるが、このほどキャプテンらしい素敵な行動を見せたようだ。

『Project Babb』によれば、スウェーデン在住のあるローマファンが交通事故にあい、深刻な怪我を負ったのだという。

いくら世界的クラブとは言え、ローマからスウェーデンまでは相当な距離がある。

しかし、このニュースを聞いたトッティはこのファンの元にサイン入りの手紙を送り、キャプテンマークをプレゼントしたのだそうだ。

こちらがその実物である。

手紙には以下のような内容が記されていた。

やあ、アレクサンダー

お元気ですか?

あなたの事故のことを聞いて、とても心配になりました。

だけど、全てが上手くいくと確信してるよ。

時に人生には障害となるものが待ち受けているけれど、自分自身の本当の強さやこれまで無視してきたものを見つけるのはこの時なんだ。

あなたにとってもそれは同じだと思う。

大切な人の存在に気付き、そういった瞬間を頼りにできるのもこの時なんだ。

できるだけ早く回復し、僕たちを応援し続けてほしい。なぜなら、皆さんが背後にいてほしいからね。

スタディオ・オリンピコであなたにお会いできるのを楽しみにしてるよ。

チャオ、アレックス

フランチェスコ

決して長文ではなかったが、憧れの選手から届いたメッセージにっこのファンは大きな勇気を受け取ったはずだ。