移籍市場が活発するなか、『Marca』がフリーで獲得可能なスペイン人のベストイレブンをセレクトしていた。

GK:イニャト・スビカライ(31歳/前レアル・ソシエダ)
RB:フアン・バレラ(30歳/前ヘタフェ)
CB:イバン・ラミス(30歳/前レバンテ)
CB:カルロス・クエジャル(33歳/前ノリッジ)
LB:ディダク(26歳/前ミラン)
MF:ミチェル・マデラ(29歳/前マッカビ・ハイファ)
MF:ナチョ・インサ(29歳/前レアル・サラゴサ)
RH:イサーク・クエンカ(24歳/前デポルティーボ・ラ・コルーニャ)
OH:ディエゴ・カストロ(33歳/前ヘタフェ)
LH:ハビ・ララ(29歳/前エイバル)*
FW:ダニエル・グイサ(34歳/前セロ・ポルテーニョ)

リーガでの豊富なプレー経験を持つ選手たちも多くなかなかの面子。元ヘタフェのミチェル、元ビジャレルのナチョ・インサが組むボランチはなかなか渋い。なお、ハビ・ララはインドのアトレティコ・コルカタ入りが決定している。

この他では、RBアルバロ・アローヨ(26歳、前ヘタフェ)、LBハビエル・ガリード(30歳、前ノリッジ)、LHカルロス・カルボ(29歳/前クサンチ)、LHアルベルト・リエラ(33歳/前マジョルカ)、OHアレハンドロ・ポスエロ(23歳、前ラージョ)、FWトチェ(32歳、前デポル)らもフリー。

一時はアーセナルも興味を示していたともされているポスエロなどはまだ若く、ベティスでは期待された存在だっただけに意外な印象。そして、経験豊富なベテランも多いが、彼らの力を必要としているクラブはきっとたくさんあるはずだ。