2-1とバイエルンがリードして迎えた後半開始早々、ボアテングのロングフィードに反応したのは“絶好調男”ロベルト・レヴァンドフスキ。

試合を決定づける3点目であった。

左足から前線に送られた高精度のパスは、ドルトムントDFとGKの間を突くものであった。

ちなみにこの試合、ボアテングはこんなに鋭いくさびのボールも入れていた。

センターバックからこんなパスがバシバシ出れば、それは強いはずである…。