バルセロナがローマのMFアレッサンドロ・フロレンツィに興味を持っているようだ。

『AS』によれば、バルセロナの移籍担当を務めるアリエド・ブライダがフロレンツィのチェックを続けており、中盤改革のプランとして考えているとのこと。スカウトは若きイタリア代表であるフロレンツィが順調に成長していることを報告しているという。

両クラブはチャンピオンズリーグで同じグループに所属している。バルセロナの上層陣は、その際にフロレンツィについてじっくりとチェックすることになりそうだ。

なお、ブライダはその他の候補として、ラツィオのイタリア代表MFアントニオ・カンドレーヴァとナポリの元ブラジルU-20代表のアランについても追いかけるように指示しているとのこと。