DF ホセ・エンリケ/5シーズン/98試合 (現所属)

2011年にリヴァプールへ移籍する前、ニューカッスルでは素晴らしい成功を収めていたホセ・エンリケ。だが、アンフィールド移籍後は乱高下し、リヴァプールでの日々は終わりに近づいている。

ケニー・ダルグリッシュ時代には重用されていたものの、ブレンダン・ロジャーズはこのスペイン人がお気に入りではなかった。ホセ・エンリケはその地位を奪い返すことに苦しんだ。彼の新天地がどこになろうとも、マグパイズ時代のような人気者になるのは難しいように見える。

FW ファビオ・ボリーニ/計3シーズン/38試合(現サンダーランド)

アンフィールドで自らの価値を証明するためにこのイタリア人は、2014-15シーズン序盤にサンダーランドへの移籍を拒絶した。だが、残念ながらインパクトを作り出せず、チームを去ることになった。

2012年にローマから獲得した際に期待されていたポテンシャルを見せつけることはできなかった。2015年夏にサンダーランドへ移籍するも、いまだにゴール前での自信を失っているように見える。

【次ページ】その3