ネイマールというブラジル人クラッキがいる。

彼の表現するプレーは、見る者の感情を揺さぶる。

身体から湧き出るようなリズム、柔らかく鋭いフェイント。

そして不可能を可能にしていくそのボールタッチに人々は酔いしれる。

彼の紡ぎ出す表現には、サッカーの本質が詰まっている。

ネイマールのドリブル

サッカーは90分の中で、それぞれがリズムを揃える瞬間もあれば、誰かがリズムを変える瞬間もあれば、誰かがリズムを刻み始める瞬間もあれば、誰かがリズムを加速させる瞬間もある。

これは誰もが予定できないことなのだ。

予測ができない選手。常識が通用しない選手。それがネイマールでありネイマールは常に本能的で野性的な感覚を大切にしている。

感覚が思考を凌駕する。それがサッカーだ。

サッカーの神様は「自分を解放しろ」と言っている

サッカーで大事なのは自分を表現することである。自分の感情をボールにのせること。

サッカーは自分を制御することよりも、いかに自分を解放するか、表現するかということを突き詰めるゲームなのである。

自分の内から湧き出るものを解放すること。

ピッチで自分をさらけ出すことができなければ、真剣な遊びも真剣勝負もできない。

ネイマールは常に自分の感覚に忠実なのである。自分をさらけ出すことをためらわない。

そこに彼の魅力があり、サッカーの本質がある。

ネイマールのドリブル

【次ページ】自分のリズムを愛することなしに、誰かのリズムを愛することはできない。