元フランス代表で現役時代はミランやチェルシーで活躍したマルセル・デサイー。2006年に現役を引退した後はミランのフロントを努めたり、UNICEFの親善大使を努めたりしてきた。現在はTV解説者を務めているという。

そんなデサイーはガーナのアクラ生まれ。ナントのユースチームで育成され、1986年にプロデビュー。マルセイユ時代にはUEFAチャンピオンズリーグと国内リーグのダブルを達成したが、国内リーグでは八百長が発覚したためタイトル剥奪となっている。

ミラン時代はDFとしてのプレーを望むも、フランコ・バレージとアレッサンドロ・コスタクルタという鉄壁コンビがいたため守備的MFとして起用される。デメトリオ・アルベルティーニとのコンビはバランスが良く、外国人枠のあった時代だったがレギュラーとしてプレーしていた。

チェルシーに移籍してからは代表のチームメインとであるフランク・ルブフと強固なDFラインを形成。若き日のジョン・テリーの手本であったともいわれている。

さて、長々と前置きを書いて参りましたが、本当に伝えたいのは、彼のInstagramにアップロードされている破壊力抜群の動画だ。授業中や職場以外での再生をオススメするぞ!

正直、フランス語がわからないので、何を言ってるのか編集部Lには謎だが、このインパクトは今年一番に間違いなし!笑

フランス語のわかる方、是非、内容を教えてください!