EURO2016は22日、グループステージの全試合が終了。最終日に行われた4試合の中でもハンガリー対ポルトガルは3-3という激戦となった。

ポルトガルが三度奪われたリードをすべて追いつき、最後は両チームともに引き分けで良しと試合をクローズしたが、その終盤に魅せたのがハンガリー代表のGKガーボル・キラーイだった。

今大会、“ノールックスロー”で話題のキラーイ。この試合ではほとんど寄せてこなくなったポルトガルに拍子抜けとばかり、“軸足パス”を披露した。思いついてもなかなかできない!

「トレパン」がトレードマークの40歳の守護神は、この日も先発出場し、EUROの最年長出場記録を更新。前評判が決して高くなかったチームのグループ1位抜けに貢献した。

ハンガリーは26日、ベスト16でベルギーと対戦する。