ディエゴ・マラドーナ

「クロアチアは、スペイン戦で示したようなアグレッシブさを見せてくる。チェコ戦では2-0で勝利を収め、ディフェンディングチャンピオンを相手に試合をひっくり返した。

早期の失点は彼らを壊す可能性もあったが、クロアチアはルーカ・モドリッチやマンジュキッチなしでそれを乗り越えたのだ。能力の証だった。

クロアチアは典型的な欧州の戦術だ。守備で緩さを見せない。ベンチにも少ないタッチとスピードでカウンターアタックを完成させられる選手がいる。

もしポルトガルが守備的な試合を選択したら、違った展開になるだろうね。

クロアチアはスペースを作らなければならないし、プランBを模索する必要が出てくる。モドリッチ、ラキティッチにそれは期待されるだろうね。

このチームは、1998年のワールドカップで3位になった時よりも、『選手の才能』という点では劣っていると思うのだ。

しかし、高い戦術的な規律を持ち、チームワークが可能で、そして決意がある。経験上、これらは特にトーナメントに入ってから大きな価値を持つことになるよ」

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら