25日、『Le Parisien』は「DNCGは、フランス・リーグアンのマルセイユに対して経営状況の改善を命じた」と報じた。

Qolyでもよく名前が上がっているDNCGとは、『Direction nationale du contrôle de gestion』の略。フランスのプロクラブの経営状況を監視する組織である。

現在彼らがフランスで最も警戒しているのが、経営状況の悪化が囁かれているマルセイユである。

先日は日本代表DFの酒井宏樹を獲得したことで大きな話題を集めたものの、まだその状況は改善されていない。

水曜日にそのマルセイユと会談を行ったDNCGは、現在のクラブが所有している口座の状況を危険だと判断した。

期限はあと8日間で、それまでに調達しなければならない額は2500万ユーロ(およそ28.2億円)と莫大である。

クラブ側はベルギー代表FWミシ・バチュアイを売却することを約束したとのことだが、今のところはまだ実現していない。

もしこれが守れなかった場合、補強の禁止処分などが言い渡される可能性が示唆されている。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名