上海申花でプレーするセネガル人FWデンバ・バは先日の試合で腓骨と脛骨を骨折する重傷を負った。復帰までには1年を要するのではないかとも伝えられている。

そんななか、マンチェスター・ユナイテッドのDFルーク・ショウが彼に向けてメッセージを送った。

ルーク・ショウ(マンチェスター・ユナイテッドDF)

「あなたの怪我についてのニュースを耳にして、とても気の毒に思っています。

僕も同じようなことを経験したので、今のあなたの気持ちが分かります。

でも、大事なことは強さを持ち続けて、家族や友人たちと寄り添い続けることです。

当時の僕にとって最も大事だったことは、最も大切にしている人達が自分に寄り添ってくれたことです。

あなたの幸運を祈っています。そして手術が成功し、回復が速く進み、すぐにピッチへ戻ってこられることを願っています。

これまで以上に強くなって戻ってくるであろうことを確信していますよ」

ショウは昨年9月に右足の腓骨と脛骨を骨折する大ケガを負い、今夏のプレシーズンマッチでようやく実戦復帰している。同じ怪我を経験した者として、エールを送ったようだ。

なお、このメッセージ動画はデンバ・バ本人もリツイートしている。